パフォーマンスについて

エアリアル Aerial

天上から吊るされた布、フープやロープを使い、自身の体に巻き付けながらの自由な空中演技。おなじみの空中ブランコもその中の1つ。


ジャグリング Juggling

ボールや輪、スティックなどを空中に投げて取る、を繰り返しながら、物が浮いている空間を創り出す演技。いわゆる“お手玉”も1種と考える。国内外を問わず、近年では愛好者も多く、国際大会も行われるほどの人気のパフォーマンス。


バランシング・アクト Balancing Act

演技者の筋力を駆使した芸術性の高い演技。力強さやスローモーションを用い、数々のポーズを決める。一流のパフォーマーによる演技は、彫刻作品や絵画を眺めているように、人々の目を釘付けにする。


コントーション Contortion

人間の柔軟性を表現したパフォーマンス。柔軟な身体を自由自在に曲げる演技を細いスタンドの上などで行う。海外ではスポーツ試合のハーフタイムなどで、コントーショニストが究極の柔軟性と美を表現する。


スピニングキューブ Spinning Cube

大きな立体状のキューブをバトンのように目の前や頭上でくるくるとスピーディーに回す演技。躍動感とスピード感を同時に体験できるエキサイティングなパフォーマンス。


ホイール(シルホイール)Wheel, Cyr Wheel

取っ手など一切ついていない大きなリングの内側に手足をかけて、リングごと回る演技。パフォーマーは、まるで乗り物のように自由自在に操る。リングはドイツのものが一般的で、”ジャーマンホイール“とも呼ばれる。


フラフープ Hula Hoop

数十年前に一世を風靡したフラフープ。サーカスでは何本ものフープを同時に回す技が披露される。観ている人を笑顔にさせる楽しいパフォーマンスの中の1つ。


エアリアルロープ Aerial, Rope

エアリアル同様、天井から吊るされたロープを使って、登ったり下りたり、逆さになったりしながらポーズを決め、柔軟性をアピールする演技。こちらはあくまでも1本のロープによる。身体に巻き付けて宙を飛んだりもするハラハラドキドキのパフォーマンス。